【ここぞという時に活力をくれるアミノ酸】

エネルギーを取り戻してくれるアミノ酸

商品写真

 

イチオシのアルギニン・サプリはコチラ

 

アルギニンとは?

アミノ酸の1種で活力が必要な時に欠かせないものです。

 

生きていくうえで必要なアミノ酸のうち、体内で合成できないものを必須アミノ酸といいます。

 

アルギニンは体内で合成できるので、必須アミノ酸ですが、ある状況のもとでは足りなくなり、補給の必要が出ます。

 

その状況とは、簡単に言うと「踏んばらないといけない時」「活力が必要な時」です。

 

そのため、アルギニンは準必須アミノ酸とか条件付き必須アミノ酸と呼ばれます。

 

一酸化窒素(NO)を生成

アルギニンは体内で一酸化窒素(NO)という物質を生成します。

 

この物質は血管を拡張させて血流を改善するとともに、活性酸素を除去する作用があります。

 

血管内皮が生成する物質ですが、動脈硬化・血管年齢の高齢化により、その量は減少していきます。

 

アルギニンはその減少を補充し、若々しい活力を取り戻す作用があります。

 

  • 記憶力の向上
  • 高血圧の改善
  • 動脈硬化の予防
  • 勃起不全(ED)の改善
  • アンチエイジング

 

などにプラスの作用があると考えられています。

 

成長ホルモンの分泌を促進

加齢とともに成長ホルモンの分泌は減少しますが、それは脂肪の増加・筋肉の減少・疲労感といった影響ももたらします。

 

一言でいうとたるんでいてパワーのない中高年の体になっていくということです。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促して、そんな体に若さをよみがえらせる物質です。

 

薬とは違うサプリとの向き合い方

アルギニンは肉類やナッツに多く含まれますが、そういうものの食べ過ぎは弊害もあるので、サプリの活用も一手です。

 

ただし、アルギニンサプリに医薬品レベルの期待を持つことは正しくありません。

 

アルギニンサプリの法的な扱いは、薬事法が管轄する「医薬品」ではなく、食品衛生法の管轄である「食品」のカテゴリーなのです。

 

当然、医薬品ほどの確実性・即効性はありません。

 

魔法の薬のごとく誇大な効能訴求をして売り込んでいるサイトも多いですが、これは薬事法に抵触する可能性大です。

 

当サイトはそうした違法行為とは距離を置き、サイト訪問者に対して誠実でありたいと考えています。

 

本ページに書いたアルギニンの効果はすべて科学的事実です。

 

しかし、実際にアルギニンサプリを飲んだ場合は、効き方やスピードに体質による個人差があることは理解した上で使いましょう。

 

おすすめのアルギニンサプリ

当サイトではまず日本の有名企業の商品をご紹介しましょう。

 

その中でも一押しは協和発酵バイオのアルギニン。

 

世界で初めて発酵法によるアミノ酸の工業化生産に成功したメーカーで、信頼感はバツグンです。

 

実際、売れ行きでもトップクラスの商品で、メディアで見かけることも多いはずです。

 

協和発酵バイオのアルギニンの公式ページはコチラ


一酸化窒素生成に有益な物質

一酸化窒素は血管内皮で作られ、血管の柔軟性を保ちながら拡張し、血行を保全します。

 

血管年齢の進行により、一酸化窒素の産生が低下し、身体全体の老化をもたらします。

 

一酸化窒素の産生を助ける物質を摂ると、血管機能が再生し、アンチエイジングにつながることを先に説明しました。

 

この仕組みをつきとめたのは米国のイグナロ博士で、この業績によりノーベル賞を受賞しています。

 

そういう物質の代表としてアルギニンがあるわけですが、もうひとつシトルリンという物質があります。

 

シトルリンについて詳しく知りたい人は下記サイトへ。

 

シトルリンの作用とおすすめサプリメント

 

アルギニンもシトルリンも肝臓内の一連の化学反応の中で登場する物質です。

 

イグナロ博士自身が、アルギニンやシトルリンを摂ることが血管を若返らせ、老化にブレーキをかけると言っておられます。

 

両者の特性は微妙に違うので、よく研究して自分に合う方を積極的に摂るのが良いと思います。